So-net無料ブログ作成

「イメージした音を楽譜に書き付ける能力」を高める「エバンス・レッスン」 大阪梅田KPS音楽教室 [Lee Evans Society]

前回「エバンス・メソッド」には「ピアノ教本」「ソルフェージュ」「併用曲集」の「三教科」があり,
「ソルフェージュ」としては「ラーン&クリエイト・ブック1巻」という教材を用いて,
「作曲」の勉強をする,とお話しました。

「えっ作曲の勉強?!そりゃあ結構やけど,ジャズピアノが弾けるようになる事と,
どういうが関係あんの?」と驚かれたかも知れません。

という訳で昨日に続き「作曲法を勉強する事でジャズピアノが弾けるようになる」という
「エバンス・メソッド/ソルフェージュ」についてご説明させて頂きます。


★何はともあれ「イメージした音を楽譜に書く能力」を開発する

前回お話しましたが「ラーン&クリエイト・ブック1巻」の米国原版のタイトルは
「Learn to Compose and notate music」といい,
僕個人としては「エバンスの作曲教本」という邦題にした方が売れたような気がしますが,
敢えてオクト出版による国内版は「楽譜を書く」とタイトルを付けられました。

なんで「楽譜を書く」というタイトルになったのか?といえば,
実際本書の内容が「作曲技法」の習得と共に,
「楽譜を書く能力」を開発する事にあるからです。

「楽譜の書き方なんて教えて貰わんかて書けるでぇ!」と思われるかも知れませんが,
ちょっと思いついてた短いフレーズひとつといえど「楽譜に書き取る」という事は
なかなか大変な事なんです。

何拍目のどこに,何の音があり,変化は♯なのか♭なのか,
休符は八分休符か付点16分休符か,なんと事を細密に把握してないと,
ちゃんとした楽譜として書き取る事はできません。

よくジャズ=ポピュラーの勉強法として,アーティストの演奏CD等から,
フレーズや和音等を「コピー(採譜)」する事がありますが,
これも「耳コピ」だけでは効果は半減。

ちゃんと五線紙に書き取ってこそ意味があります。

確かにジミー・ヘンドリックスやビリー・ホリデー等の
「楽譜の読めない天才音楽家」は存在しますが,
彼等の場合,なる程,楽譜による読み書きはできないにせよ,
「全く異なる回路」でもって,音を細密に聴き取り,且,完全に再現する事が
できた訳で,適当に聞き取って,変形させて再現しているのとは訳が違います。

★「楽譜に書き取る能力」を高める事で「楽譜の読み」も早くなる

もう一つの効用として「楽譜に書き取る能力」を高める事で,
逆に「楽譜を読む力」が高まる,という点が上げれます。

以前,お話した通り,「エバンス・メソッド」の「ピアノ教本」である
「ラーン・クリエイト・ブック」は,流石に四巻になると楽譜を用いないと
弾けないレベルですが,1~2巻あたりならば,「ファイブ・フィンガー・ポジション」
さえ理解すれば,後は楽譜を読まずに(読ませず),先生の歌声だけを頼りに,
「聴き弾き」しても構いません。

世間よく「楽譜を使わないメソッド」なるものが何種類かありますが,
はっきり言って僕は,その主の「メソッド」では「カラオケ」以上の事はできない考えています。

或は「私は即興はできないが楽譜通りは弾ける」という方は少なくありませんが,
果たして本当に「楽譜の内容」を読み取り,再現できているのか?といえば,
精々楽譜の表面を棒読みし,勝手にシナをつけて「感情表現」している,
という演奏が殆どでしょう。

つまり「楽譜の音符のみならず音楽的意味」まで読み取る能力の開発こそが,
ピアノ・レッスンの本質ともいえますが,絶対に「楽譜なし」では駄目です。

但し,矛盾するようですが,耳で音を聴き取ったり,形式を覚えてる為に,
敢えて楽譜を用いず,感覚的に音符を演奏する,という方法も
或るレベルにおいては必ずしも悪いとは言えません。

上記「プレイ&ジョイ」の1~3巻程度をそういう形で習得しても必ずしも悪くはありません。

その変わり,必ず「ラーン&クリエイト」1巻で「作曲と共に楽譜の書きかた」を
見につけていただきたいのです。

イメージする音を楽譜に書き表せる能力が見に付けば,
イコール「楽譜を読み取る能力」も開発されています。

★単に鉛筆を持って五線紙に書く,という事もなかなかない経験です

ところで「ラーン&クリエイト」1巻の最初の課題は下記になります(注,国内版は日本語です。)

2877754_01.jpg


最初の課題は使っていい音は「G(ソ)」と「C(ド)」のみ。
但し「四分の四拍子」になっており,使っていい音価は四分音符,二分音符,全音符と休符のみ。

それと二小節の「モチーフ」に続けて,方法は一切問わないから,
後半の二小節を自由に「作曲」して貰います。

本当に何をどう並べても構わないし,どれも一概に間違っている,
とはいえません。

しかし,本の少し音符を入れ替えると曲全体が見違えるように良くなる事が多々あります。

最初の二小節くらいは,誰がやっても,何となく仕上がりますが,
しかし,それに続く二小節を作曲するというのは結構大変なのです。

しかし,それを書き続けていく内に,音楽形式の色々な事が見えてくるし,
又,不思議と「楽譜を読む力」が飛躍的に向上するのです。

というお話でしたが,次回は「エバンス・メソッド」の「作曲編」は具体的に,
どうやれば「作曲」が勉強できるのか?そのあたりをお話しましょう…

リンクは「ラーン&クリエイト」1巻

PS,「エバンス・メソッド」によるレッスンを展開する「エバンス認定教室」をこれから
展開する計画ですが,取り合えず僕が主宰する「Kimball Piano Salon音楽教室」
ではレッスンを広く展開しています。

大阪市北区豊崎3-10-2 I&F梅田ビル705 (梅田芸術劇場北向かい)

Kimball Piano Salon 主宰 藤井一成

http://www016.upp.so-net.ne.jp/kimball



エバンス ピアノメソード ラーン&クリエイトブック 1 (楽譜を書く曲を作る)New YorkのJazzフレーバー

エバンス ピアノメソード ラーン&クリエイトブック 1 (楽譜を書く曲を作る)New YorkのJazzフレーバー

  • 作者: Lee Evans
  • 出版社/メーカー: オクト出版社
  • 発売日: 2010/05/27
  • メディア: 楽譜



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0