So-net無料ブログ作成

ラグタイムやスゥィングジャズのピアノ/ボーカル教室 大阪梅田チャールストン倶楽部 [チャールストン倶楽部]

こんにちわ。春が近づくに連れ「Kimball Piano Salon/チャールストン倶楽部音楽教室」への
お問合せを頻繁に頂くようになりました。

「チャールストン倶楽部音楽教室」のご案内は以前何度か書きましたので,
再び繰り返すのはどうかな,と思いましたが,これは「チャールストン~」のホームページが
完成しない口実にもなりますが(汗),実際のレッスン内容はビミョウに変化(進化)を続け,且,
講師と生徒による演奏企画も実情に合わせて変化しておりますので,
今回は「教室のご案内」の「バージョンアップ版」として改めて述べさせて頂きます。

という訳で大阪梅田にある「Kimball Piano Salon/チャールストン倶楽部音楽教室
(以下CCM)」について,以前書と重複する部分もありますが再びお話し致します。

「モダンジャズ」でなくラグタイムやレトロなスゥィングジャズが学べる点が 「チャールストン倶楽部」の特徴です!

CCM(チャールストン倶楽部音楽教室)の特徴,つまり他ジャズ教室いは,
何よりも学ぶジャズ・スタイルが下記の如くに異なっている点です。

他教室=1950~60年代の「モダンジャズ」二種類を学ぶ
・1950年代の「ハード・バップ」
・1960年代の「モーダル・ジャズ」

チャールストン倶楽部=1920~40年代の「チャールストン・ジャズ(*造語)」を学ぶ
・1920年代の「ラグタイム」や「ニューオリンズ・ジャズ」「ブキブギ」
・1930~40年代の「スゥィング・ジャズ」

つまりのCCMでは他教室に比べて学ぶ「古い時代のジャズ」を学ぶ事になりますが,
では「古臭い音楽」をお年寄り相手にやっているのか全然そうではなく,
今時のカフェやブティック等の流行空間に合致する「新鮮な音楽」を若者
(と言っても大阪でいえばCCMの近所にある「Nu茶屋」の客層あたり)が
集まってやっている,という訳です。

以前にも書きましたが,日本で「ジャズ」といえば1950~60年代の「モダンジャズ」を指し,
ジャズ教室でも「モダンジャズ」が教えられているのは,講師自身「モダンジャズ」以前の
「スゥイング」や「ラグタイム」の事は殆ど知識も経験もないからです。

早い話,そう言ってる僕自身も数年前迄は然り,但し「ライブハウスでセッションする」のでなく
「カフェやラウンジでピアノ演奏」という稼業の関係から「モダンジャズ」と一時代古い
「スゥイグジャズ」の中間に位置するナット・キング・コールやエロール・ガーナー等の
1950年代の「ラウンジ・ジャズ」を志しておりました。

因にこれらのスタイルは現在の「チャールストン倶楽部音楽教室」の守備範囲であり,
「Elegance Swing」という名目で展開しております。

ご参考迄に僕達CCMの講師が集まってのユニット「Chat-Noir」での
本番前のリハ風景です。http://youtu.be/7X_Wy34AykI

更にご参考迄に同じ「Chat-Noir」の演奏で同じ「時のすぎゆくままに」の
演奏ですが半年位すると「よりチャールストン(1930年代風)」に変化しました。
http://youtu.be/suAeF-_XU7g

というお話だけでは「チャールストンなジャズ」とは何か?という事が伝わらないでしょうし,
次回はCCMで展開する「チャールストンなジャズ」についてお話致します。

主宰:藤井一成

つづく

PS リンクは上記「Elegance Swing」の基本教材 Steinway ライブラリー


大阪市北区豊崎3-10-2 I&F梅田ビル705 (梅田劇場北向かい)
Kimball Piano Salon /チャールストン倶楽部音楽教室 
℡ 0705-436-5371

チャールストン・ジャズ科
ピアノコース&ボーカル/弾き語りコース 

モダン・クラシック科
ピアノコース

月謝 月2回8000/3回 11000 四回 13000円 以上ベーシックレベル 
個人レッスン 一回90分 

http://www016.upp.so-net.ne.jp/kimball



Piano Stylings of the Great Standards (The Steinway Library of Piano Music)

Piano Stylings of the Great Standards (The Steinway Library of Piano Music)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Ekay Music
  • 発売日: 2003/05/13
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び